本文へスキップ

梅田神明宮

東京都 足立区 梅田6-19-4

禊教発祥の神社、梅田神明宮



紙垂
御 祭 神
天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
 井上正鐡霊神(いのうえまさかねれいじん)

御 由 緒
 宝暦十二年の江戸大火の直後、当時地主神が祀られていた現在の境内に奉斎されたと伝はる。天保十一年に井上正鐡翁奉仕して息の行法を以て神道の極意を伝へた禊教発祥の霊場。

例 祭 日
4月15日

月 次 祭
毎月15日午後1時
 当日、祭典に先立ち、井上正鐵霊神お伝えの息の行法を斎行しております。どなた様も自由にご参列いただけます。



 令和元年6月30日(日)夏越大祓式
 恒例の夏越大祓式を執り行い、ご近所の方々、遠方よりお参りの方々とともに禊祓詞、三種祓詞、大祓詞を奉唱。心身の穢れを祓い清め、無病息災を祈願いたしました。また、皆様からお預かりした形代(かたしろ)を茅の輪とともに浄火によって滅却するお焚き上げ神事を七月十三日に斎行し、一連の神事は完結いたしました。

令和元年夏越大祓式



 一 日 修 行 の ご 案 内
 井上正鐵霊神お伝えのお修行を、隣接の唯一神道禊教道場にて、毎年春と秋を目処に開催しています。

次回の開催は令和元年12月8日(日)を予定しています。
参加を希望される方は社務所へお申込みのご連絡をお願いいたします。

参加費は五千円で、事前申込みが必要となります。正座は強制ではなく、補助の座椅子を使用できます。また、宗教の勧誘は行っておりません。詳細については、どうぞお気軽にお問い合わせください。

祓い修行とは

令和元年五月一日修行
 

 平成31年4月15日(月)梅田神明宮 例大祭
 皆様の献身的なご奉仕、ご協力のお蔭をもちまして、平成最後となる梅田神明宮例大祭が恙無く執り行われました。お支えくださいました皆様に心より感謝を申し上げます。

平成31年梅田神明宮例大祭



 2月15日(金)水滌神事(みそぎまつり)厳修
 2月15日(金)の月次祭に先立ち、水滌神事(みそぎまつり)を厳修いたしました。凍てつく寒さの中、一段と気合の込められた心身鍛錬の水行が斎行されました。

水滌神事



 ご報告
 当宮の禰宜、野村明生が平成31年2月1日付けで東京都神社庁足立区支部支部長を拝命いたしました。折りしも本年は御代替りという大きな節目の年となり、重責に身の引き締まる思いでございます。甚だ微力ではございますが、神社界の発展のため、地域社会のために努めてまいりたいと存じますので、変わらぬご指導、ご鞭撻を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。


 平成三十一年元旦 能楽奉納
新年の元旦午前零時に観世流シテ方能楽師梨良一師梨万里師が神前にて能楽を奉納上演いたします。(どなた様も参道からご鑑賞いただけますが、混雑も予想されますので、ご注意ください)

観世流 梨師 神前ご奉納



 梅島第二小学校の社会科見学
 平成30年12月3日(月)、梅島第二小学校の2年生の子どもたちが社会科見学の一環として、お参りに来てくださいました。
梅島第二小学校の皆さん


 東京都神社庁発行「生命(いのち)の言葉」
 平成二十九年十二月の「生命の言葉」に当宮ご祭神 井上正鐵霊神の言葉が掲出されています。平成二十九年の生命の言葉は「生きる力」と「あるべき姿」という主題のもとに募集・選定されました。

生命(いのち)の言葉 井上正鐵霊神   生命(いのち)の言葉 井上正鐵霊神



大 祓 詞 (おおはらえことば) 書 写 の ご 案 内
 日本最古の祝詞「大祓詞」・・・心身に積もった罪や穢れを清める、古代の格調高い詞を書き写す専用の書写用紙(下書きが印刷されており、その上をなぞって墨書します)を当宮で用意しております。ご希望の方はどうぞお申し出下さい。

書写ご奉納




ページの先頭へ